2006年11月

ミラーウインカー取付

2006年11月17日 金曜日

HARTGE ミラーウインカー 取り付けました!

今回はメッキタイプです・・・
ブラックのボディーにバッチリ合ってます♪
視認性がアップしてより安全です

最近は国産の軽自動車でも普通に見かけますけど
新型MINIでも採用されてないようです。

Share on Facebook

スモールプーリー取付

2006年11月15日 水曜日

クーパー スーパーチャージャースモールサイズプーリーの取り付けレポートです。
MINIクーパーのホットモデル”S”である特徴の一つにスーパーチャージャー
によるパワーアップが施されていますね。

今回はこれに少々手を加えてさらに速くしてしまおうという作戦です。
スーパーチャージャーをドライブさせるプーリーを小型化してタービン速度を上げることで
ブーストアップさせる・・・非常にシンプルなチューニング方法ですが効果バツグンです。

エンジンの低回転時からタービン速度が上がっているわけですから低速走行域の
トルクアップ感
は乗ってすぐわかります、
アクセルレスポンスも気持ちの良い吹けあがりでMU前のクーパーSには是非ともオススメしたいパーツです!

スタートのクラッチミュートが楽になりますよ~♪
写真はMiniMania製で製品精度が非常に高いです、
取り付けはなかなか大変です、高度な技術と専用工具が必要ですので
必ず、専門のショップに依頼してください

Share on Facebook

オリジナルコンプリートカーその5

2006年11月4日 土曜日

コンプリートMINIくんも5回目ですねー
一台の車でこれだけ引っぱると もう見飽きましたかー?w
でも、もうチョイつきあってくださいね・・・

私としてはこの車を紹介しながらPItHouseのMINIに対するコンセプトや思い入れなど 少しづつでも
伝えていければ良いな~~思っております

車の仕様やパーツを紹介しながらちょっとしたポイントをコメントしておりますのでよ~~く呼んでくださいね。
今日はMINIくんのハイライト・・・インテリア仕様について・・・

まずはメーター廻り
80パイと52パイでまとめられたメーター類、しかもマグノリアカラーこれだけ揃えるだけでも
かなり大変です 特にスピードメーターは国内にこれだけっだったかも・・・
240Kmスケール!(ここまではいらない^^;)
トリップ付、スミスロゴが入って涙モノパーツです
アレックの西尾社長が快く譲ってくれました(ありがとうございましたm(_ _)m)

メーターカウルとダッシュパネルはもちろんw
アレックオリジナル、純正パネルにビルドインさせてもまったく違和感なしでほんとステキにきまってます
因みにこの純正パネルもそうとうレアです、ラストミニのセブンやクーパーの「ソーラーレッドパネル」
いやー、さがしまくりましたねー! 一箇所は純正パーツを残したっかんで・・

ヤフオクで見つけました!うれしかったー!(出品者様アリガトウw)
パナの地デジナビもすっきり収まって・・・ もう『完璧』です(^^)v
両サイドのエアダクトを利用したスピーカーのビルドインもお気に入りです(いい音だしてますー!)

このメーターパネル仕様はほぼワンオフビルトインなので見た目以上に何かと大変なんですが
PitHouseはこんなドレスアップが大好きだったりします
(^^)困難なほど完成した後の喜びは大きいですよね・・・
パネルの取り付け方法などすご~~く気を使って仕上げてますのでビビリ音などないです
(純正パネルの音はひどいですよねーw)
気になってっるアナタ・・・対策しますよ!!

      

追記:明日11/5 JYAPAN MINIDAY in 浜名湖が開催されます
   掲載中のコンプリートMINIくんも参加しますので見つけたら
   よ~~くw観察して下さい!

Share on Facebook

オリジナルコンプリートカーその4

2006年11月2日 木曜日

今日も サスペンション廻り・・・続編です
前回この車のサスペンション仕様を簡単に紹介しましたが説明の補足です
コイルサスの良さはなんとなく解って頂けたでしょうか?

今日は、10インチ ブレーキについて・・・


クラシックミニはそのボディーサイズから 
見た目のマッチングはやっぱり10インチのホイールがベターだと思いますよね・・・
私も基本的にに10インチ派です・・・
『ただし』、普通に10インチキットを付けただけだと極端にブレーキ性能が落ちますよ・・・
効き悪いですよね~~(><)
「10インチだからこんなもんですよ~・・・?」な~~んて言われてません・・?
PitHouse では10インチキットへのコンバーション時はディスクローターとパットを替え
12インチのノーマル程度までは性能アップさせてます
(コストは出来る限りお安くを基本にパーツチョイスしています)

安全装置の課題ですから、きちんと対応しませんとね・・・

Share on Facebook